プロ野球の最強を決める日本シリーズがいよいよ28日から開幕する。2年連続の日本一がかかるオリックスはリーグ3連覇を果たし、CSファイナルステージを4勝1敗で突破。一方、18年ぶりのリーグ優勝を飾った阪神はCSファイナルを無傷の4勝0敗で勝ち上がってきた。実に59年ぶりとなる「関西ダービー」を制するのはどちらか。

【日本シリーズ予想:大友進氏=オリックス4勝2敗】何と言っても3年連続の沢村賞が濃厚となっているエース・山本由伸を軸とした先発投手陣の充実。そしてブルペンも含めた投手力が阪神を頭ひとつ上回っている。

 7戦の中で山本を何度使えるかが投手起用のポイントとなるだろう。攻撃面のポイントは杉本が左足首の負傷で万全ではないなか、ポイントゲッターとなる森友哉がどう機能するかにかかっている。西武時代にはたどり着けなかったプロ10年目で迎える初めての日本シリーズ。ここ一番の勝負強さがあるバッターだけに、阪神バッテリーは絶対に眠らせなければいけない相手となる。

 一方、阪神のテーマはいかに強力なオリックスの投手陣を攻略するか。近本、中野の1、2番コンビの出塁がシリーズのカギを握ってくる。