新日本プロレスを支配するグレート―O―カーンの独占インタビューに、またしても成功した。9月の神戸大会では鷹木信悟(40)に敗れるも、11月4日エディオンアリーナ大阪大会で米AEWのジョン・モクスリー(37)とのスペシャルシングルマッチが決定。大物食いから見据える来年1月4日東京ドーム大会での青写真とは? 話題だけは何かと豊富な余の声を聞くがいい――。

 ――神戸大会では、鷹木にやはり惨敗

 オーカーン(以下・余)お前がそう思うんならそうなんだろう、お前ん中ではな。しかしなんじゃ、やはりとは! 中継の解説を聞いていたか? 棚橋(弘至)あたりが「オーカーンが覚醒した!」と大絶賛しておったろ。鷹木の故郷で余の新たな一面を見せ、内容的には勝ったと言っても過言ではないだろうな。

 ――無礼をお許しください。鷹木には帝国入りも断られてしまったが…

 余 その心、笑ってるね? 何の成果も!!得られませんでした!!などと言うと思ったか? ほかならぬ鷹木自身が余の実力を認めておったじゃろうが。それに帝国は余が、余さえいれば、むしろ人数が少なくなろうが安泰なんじゃ。

 ――14日(日本時間15日)のロンドン大会では英国に〝凱旋〟した

 余 うむ。しかし、7番勝負しただけで仲良しこよしになってる海野(翔太)と成田(蓮)にはイラつかされたな。「令和闘魂三銃士」と木谷高明オーナー様に直々につけてもらったくせに、白黒つけることすらできずにタッグを組むなんて、明らかに名前負けしておるじゃろ。

 ――その怒りがメイン後の行動につながったと

 余 身の程知らずな海野が(ウィル)オスプレイのUS王座に挑戦表明など、さすがに調子に乗りすぎじゃ。タダでやらせるわけにいかぬし、オスガキに大人の力をわからせてやると思い、余は交換条件としてモクスリー戦を要求したのじゃ。

 ――それはオスプレイのためでなく、ただ自分のためなのでは…

 余 判断が早い! か、勘違いするでないぞ、オスプレイを安売りするわけにいかんじゃろうが。しかも交換条件とは言ったが、むしろ余の胸を借りられるモクスリーの方が幸せ者じゃろうがい。

日本でハードコアマッチの経験もある強豪ジョン・モクスリー
日本でハードコアマッチの経験もある強豪ジョン・モクスリー

 ――モクスリーの印象

 余 戦ったらどんな試合になるのか、まったく想像がつかん。余もデスマッチのような戦いは、一度やってみたい気もするしな。そうなったら「そんな装備で大丈夫か?」って聞くぐらいの武器を持ち込もう。ただ聞いた話では、モクスリーは格闘技の試合も好きらしいじゃないか。もしかしたら、そちらの色が強い試合になるかもしれんな。

 ――どちらに転んでも勝ち目はなさそうだが

 余 処すぞ!! 貴様の人生リセットボタンぽちー!! この試合が終われば、世界中のプロレス関係者が手のひらを返しておるじゃろうて。モクスリーに勝てば、IWGP世界ヘビー級(現王者はSANADA)に挑戦する権利は十分じゃろ? 来年の1月4日東京ドーム大会を楽しみにしておけ。

 ――無礼をお許しください。すでにその大会ではG1覇者・内藤哲也の挑戦が発表済みだ

 余 つまり…どういうことだってばよ?

 ――挑戦は最速でもドーム後ということに

 余 ならば余がモクスリーを処刑した暁には、AEWは東京ドームにMJFの首を差し出せ。アイツは「新日本で唯一認めているのはオーカーンだ」と発言した、見どころのあるヤツじゃ。MJFがモクスリーから奪ったAEW世界王座を余が奪った上で、SANADAと内藤の勝者の挑戦を受けてやろう。

 ――それにしても14日深夜にTBS系「オールスター後夜祭’23秋」で放送された「永田裕志 白目剥いちゃう? 剥いちゃわない? クイズ」はくだらなかった

 余 あれは…ガラにもなく嫉妬してしまったよ。オチがしっかりあるのもいいし、余もグラビアアイドルに乳首をいじられたら白目を剥いちゃうかもしれん。テレビ各局の関係者は、永田裕志30周年記念試合で引導を渡したジャスティスの後継者である余にも、ああいう仕事を依頼するように! 余がリング内外を支配するその前に! ひれ伏せっ! 愚民ども!