猪木元気工場(IGF)は26日、8月に京王百貨店新宿店で、「アントニオ猪木 80thANNIVERSARY『燃える闘魂・アントニオ猪木展』」を開催すると発表した。

 47年前の1976年6月26日には、東京・日本武道館でプロレスNWFヘビー級王者・猪木とボクシング世界ヘビー級王者モハメド・アリの世紀の一戦「格闘技世界一決定戦」が行われた。プロレス・格闘技史に残る記念日に発表された猪木展では、猪木VSアリをはじめ、昨年10月に死去した猪木さんの激闘を物語る貴重な品々が展示される。猪木&アリのガウンや、アリから猪木さんに送られた本物の手紙、猪木さん直筆の書などが飾られる予定。猪木さん愛用の「闘魂棒」は、直接手に触れることができるという。

 イベントは京王百貨店とIGFが共催(協力・東京スポーツ新聞社)。8月3~15日まで京王百貨店新宿店の「B1階 on the Corner」で、10時~20時30分まで開催される(日・祝は20時まで、15日は17時まで)。入場は無料。合わせて、闘魂タオルや秘蔵写真などのグッズ販売も行われる。