みちのくプロレスは22日、ノア21日の東京ドーム大会で引退試合を行った武藤敬司(60)が3月5日の徳島・とくぎんトモニアリーナ大会に来場すると発表した。

 武藤はトークショーを行う予定。同大会は徳島市出身の新崎人生(56)の「30周年記念大会」として開催される。

 新崎は化身の「白使」として、1月22日のノア横浜アリーナ大会で行われた武藤の化身グレート・ムタのラストマッチに出場。AKIRA、丸藤正道と組み、ムタ、スティング、ダービー・アリン組と対戦したが、ムタのシャイニングウィザードで3カウントを奪われている。