伊メディアが大坂なおみの行動を疑問視「はじめにそう言えばよかった」

2021年06月02日 18時41分

大坂なおみの言動には疑問の声も(ロイター)

 手順を間違えたのか――。女子テニスの世界ランキング2位・大坂なおみ(23=日清食品)による一連の行動を疑問視する声が上がっている。

 大坂は、4大大会・全仏オープンを前に自身のSNSで会見拒否を宣言し、1回戦の勝利後に実行して罰金(1万5000ドル=約165万円)を科され、主催者サイドから大会からの追放や他の4大大会出場停止の可能性まで通告された。すぐさまSNSで“反論”を試みたが、一転して大会の棄権とうつ病であることを告白した。

 これで大坂に分が悪かった形勢は一気に逆転したが、イタリアメディア「レブプリカ」は「うつ病を告白した大坂は尊重されるべきだが、はじめにそう言えばよかった。彼女はメディアが精神衛生上よくない質問をすると非難するのではなく、なぜこのことを言わなかったのか? 我々メディアも完璧ではないが、精神科へ行くような質問は聞いたことがない」と主張した。

 本人はSNSで当面の休養を宣言したが、開幕まで2か月を切った東京五輪出場への意欲はあるとされる。ここでも会見を無視するわけにはいかないが、この短期間でうまく折り合いをつけることができるのだろうか。

 

関連タグ: