【男子ゴルフ】10・22初日「ZOZOチャンピオンシップ」千葉→米国へ開催地変更やむなし?

2020年08月26日 11時00分

昨年「ZOZO」で優勝したタイガー・ウッズ

 ゴルフの米男子ツアーは、10月15~18日に韓国・済州島で開催される予定だった「CJカップ」を、ラスベガスのシャドークリークでの開催に変更することを発表した。米男子ツアーは9月から2020―21年シーズンが始まるが、この前週には同じラスベガスのTPCサマリンで「シュライナーズホスピタル・オープン」が開催されるため、ラスベガス2連戦となる。

 従来なら「CJカップ」は米男子ツアーのアジア3連戦の初戦。この翌週には昨年タイガー・ウッズ(44=米国)がツアー最多勝記録に並ぶ通算82勝目を挙げた「ZOZOチャンピオンシップ」(千葉・アコーディアゴルフ習志野CC)が組み込まれているが、これについても米国内への会場変更が可能か検討され始めたという。代替会場の候補にはカリフォルニア州サウザンドオークスのシャーウッドCCが挙がっている。「ZOZO」の翌週に組まれる世界選手権シリーズ「HSBCチャンピオンズ」(中国・上海)については正式発表はまだない。

 仮に「ZOZO」が予定通り千葉で開催されることになったとしても、昨年のウッズのような大物選手の参戦は絶望的。開催中止によるダメージを避けることを考慮すれば、米国内での開催変更も仕方のないところだ。