【東京マラソン】レース中に鈴木健吾とペースメーカーが会話 ファンは「何話してるんだろう」と興味津々

2022年03月06日 10時44分

東京都庁前をスタートした選手たち(ロイター)
東京都庁前をスタートした選手たち(ロイター)

 2年ぶりの開催となった東京マラソン(6日、東京都庁前~東京駅前)で珍しい光景が見受けられた。

 日本記録保持者の鈴木健吾(富士通)、吉田祐也(GMOインターネットグループ)らで構成された日本勢のトップ集団が中間地点に差し掛かろうとしたところ、鈴木がペースメーカーと会話する場面がテレビに映し出された。詳細は不明だが、今後のレース展開について話し合った可能性が高い。

 レース中の会話と言えば、先月の大阪マラソン・びわ湖毎日マラソン統合大会で山下一貴(三菱重工)と浦野雄平(富士通)の談笑シーンが話題となったばかり。ネット上では「健吾さんたち何話しているんだろう~?先日の大阪マラソンといい、マラソン中の会話気になる」「先頭集団の選手同士の会話が気になる。何を話しているんだろう」「東京マラソンペースメーカーいるけど、鈴木健吾がペースメイクしてる笑」などの声が出ている。

 いよいよ勝負は後半戦に突入。果たしてこの会話が吉と出るか、それとも…。

関連タグ: