【陸上】「うまく体重調整できた」川内優輝が妻のサポートで自己ベスト更新

2021年02月28日 14時33分

川内優輝

 びわ湖毎日マラソン(滋賀・皇子山陸上競技場発着)が28日に行われ、109回目のマラソンとなった川内優輝(33=あいおいニッセイ同和損害保険)が自己ベストとなる2時間7分27秒をマークし、10位に入った。

 これまでの最速タイムだった2時間8分14秒(2013年、ソウル国際)を47秒更新。「10年前から思い続けていた目標の2時間7分台を出せて本当にうれしい。10年間の努力が報われたし、諦めずにやってきてよかった」と感慨に浸った。

 好記録の裏には、現役ランナー・侑子夫人(35)の存在が大きかったという。「妻や弟(鮮輝)が厚底を履いて調子を戻していたので、自分も『薄底で過去の自分を超えるとか、悠長なことは言ってられる場合じゃない』と思った。自分も対応していくしかないなという決断をするきっかけにもなった」と靴を厚底に変更。さらに、食事面でも「年齢を重ねて太りやすくなってきている部分がある。体重を絞るときに、体力が落ちないようにしながら太らないように(侑子夫人が)メニューを考えてくれているので、うまく体重調整できた」と今の状況に合わせた取り組みを敢行し、この日の快走につなげた。

 30歳を過ぎても貪欲にレベルアップを目指す川内。飽くなき探求心はまだまだ衰えていない。

関連タグ: