【東京五輪】四十住さくら 家族一丸で掴んだ金メダル 遠征時に節約のため“車中泊”も

2021年08月04日 13時34分

銀メダルの開心那(右)と喜ぶ四十住さくら(ロイター)
銀メダルの開心那(右)と喜ぶ四十住さくら(ロイター)

 東京五輪のスケートボード女子パーク(4日、有明アーバンスポーツパーク)で世界ランキング2位の四十住さくら(19=ベンヌ)が決勝の1本目で60・09点というハイスコアを叩き出し、悲願の金メダルを手にした。

 8人で行われる決勝の舞台。緊迫感はなく、全選手がにこやかな表情を浮かべながらスタートを待った。5番目に登場した四十住は楽しむように大技を繰り出し、いきなり60点超えの高得点をマーク。フィニッシュすると両手を突き上げて喜びを爆発させた。

 五輪新種目で頂点に立った四十住は兄の影響で小学6年でスケボーに目覚めた。和歌山県岩出市の自宅の庭には約180万円をかけて特設のスケボーコースを設置。高校時代は学校が終わると母・清美さんの車で県外の練習場で深夜まで猛練習を続けた。コーチはつけず、母が動画を撮ってフォームをチェックした。車で遠征した際は経費を節約するために両親と一緒に車内で寝泊まりしたこともあった。

 家族の支えで大願成就した四十住は「ありがとうございます。1本目ノーミスで、2、3本目で失敗しちゃって。全力は出し切れなかったけど、金メダルでよかった。めっちゃうれしい」とコメントした。

 なお、金メダルなら史上最年少記録がかかっていた開心那(12=WHYDAH GROUP)が銀メダル、宮崎生まれのスカイ・ブラウン(13=英国)が銀メダル、予選トップで世界ランキング1位の岡本碧優(15=MKグループ)は4位となった。

 スケボー女子ストリートでは西矢椛(13=ムラサキスポーツ)が日本人最年少記録で金メダルを獲得して大きな話題となった。

関連タグ:
 

ピックアップ