五輪開会式でノーマスク集団 組織委「プレーブック遵守を」 処分はなし

2021年07月24日 01時46分

よく見るとノーマスク選手がチラホラ…

 東京五輪・パラリンピック組織委員会が、マスク着用など新型コロナウイルス対策の「プレーブック(規則集)」順守を改めて訴えた。

 23日に行われた開会式ではノーマスクで入場したり、仲間同士で談笑する光景が見られたが、これは明らかな規則違反。そのため組織委の高谷正哲スポークスパーソン(SP)は開会式後のオンライン会見で「確かにマスクをしていなかった方をお見受けした」と事実関係を認めた。

 このままの状態を放置すれば、コロナ禍で五輪を開催する前提が崩壊してしまう。それだけに「大会に参加される皆さまは、プレーブック記載のルールをご理解いただいて、一人ひとりが、大会の成功に寄与していただきたい」と呼びかけたが、今回のノーマスクは処分の対象にはならないという。

関連タグ: