身長170センチのハーフ美女議員・小野田紀美氏の熱血すぎる素顔

2016年08月03日 07時00分

大型新人のハーフ美女、小野田氏

 臨時国会が1日召集され、7月の参院選で当選した新人議員が初登院した。自民党は「SPEED」の今井絵理子氏(32)やビーチバレー元日本代表の朝日健太郎氏(40)らに注目が集まるが、ポテンシャルの高過ぎる“大型新人”も発掘していた。身長170センチでスタイル抜群のハーフ美女・小野田紀美氏(33=岡山選挙区)で、その驚くべき熱血素顔は――。

「底抜けに明るい元気印の新人がいるらしい」「とんでもない経歴の持ち主」と謎のベールに包まれていた小野田氏がついに国会デビューした。国会議事堂をバックにした第一声は「東京に来て、大学に入った時から、国会の前を通るたびに『今、会いに行きます』とずっと言い続けていたんです。『やっとそばに参りました』という感じです」とガッツポーズで喜びを表した。

 リサ・ステッグマイヤー似の小野田氏は、米国人の父親と日本人の母親との間に米シカゴで生まれ、1歳の時に岡山県瀬戸内市邑久町に移り、高校まで同地で育った。拓殖大卒業後、ゲーム制作会社を経て、5年前に東京都北区議会議員に当選。参院選で岡山選挙区から出馬するために2期目だった区議を辞職し、一発当選した。

 そんな小野田氏は小学生の時から政治家を志していたという。「私は小さいころから国と結婚するつもりだったんです。卑弥呼になりたかった(笑い)。正義の味方になるには、理不尽なことが起きない世の中をつくるのが一番だと」

 その意気込みはこの日の白いスーツ姿にも込められていた。「『国と結婚する』と言っていたので、ウエディングドレスだと思って、白のスーツを買いました。本当は指輪も買おうとしたんですけど、それは周囲から全力で止められましたけど…」。ちなみに小野田氏は独身なので国と“結婚”してもなんら問題はない。

 国政への思いはあふれるばかりだが、その身体能力もハンパではなかった。プロフィルの特技欄には「格闘技」。「あまりいい話じゃないんですけど、この外見で田舎出身なのでよく囲まれて殴られていたんです。それに対抗するうちに強くなりました(笑い)。ストリートファイトですね」

 小中学時には相撲や空手の全国大会に未経験ながらも参加した。「どれくらい強いんだろうと腕試しで挑戦したら初参戦初優勝。もともとスペック高いのもあったんですが…。今は特技としているのは、もう戦う必要がありませんから(笑い)」

 国会では論戦だけでなく、時には肉弾戦が繰り広げられることもある。国会史上最長身となる199センチの朝日氏と並んで、“ツインタワー”として野党のブロック役も期待されるが、小野田氏は「国会は議論する場で、乱闘とかは小学生に見せられません。ダメです。殴り合いをするなら場外でお願いしたい」と議場を汚すのは決して許さない。

「地方自治とはまた違うので、部会に片っ端から出て、勉強したい。農林水産、地方創生、教育、福祉にしても正直者が理不尽な目に遭わないように一つひとつ課題を解決したい」と意気込んだ小野田氏。既に存在感は抜群で、パワーみなぎるハーフ議員の今後に注目だ。