【J3】福島が不正出場の処分に「不適当」と反発し意見書を提出

2021年08月18日 22時16分

処分に不服のJ3福島は意見書を提出
処分に不服のJ3福島は意見書を提出

 Jリーグは18日、J3福島が第8節(5月16日)の八戸戦でエントリー資格のない選手を出場させたとし、試合結果を2―0の勝利から0―3の敗戦として、けん責処分を科したと発表した。

 福島はJ2昇格圏内の2位につけていたが、この処分により、勝ち点を減らされたため、6位に後退となったが、クラブ側はJリーグからの処分を不適当と主張する意見書を提出したと公式ホームページで報告した。

 同クラブによると、八戸戦で当該選手はエントリー可能者リストに入っていなかったものの、マッチコミッショナーから新型コロナウイルスの陰性判定証明ができれば出場可能とされたことで試合に出したという。その上で「不正出場には当たらない又はその違反の程度は極めて小さい」とし「弊クラブ顧問弁護士をはじめとする関係機関とも相談の上、今後対応策を検討してまいります」と処分に反発した。

 その一方で、Jリーグは無資格者のエントリーについて「クラブの義務違反であり、その責任はクラブが負うべきものです。かかる義務違反はマッチコミッショナーがエントリー資格の有無の確認を怠り、エントリー無資格者が検出されなかったことによって治癒されるものではありません」とし「クラブとマッチコミッショナーが、それぞれの義務の範囲内で責任を負うこととなります」と説明している。

 また、J2山形と水戸でもリーグ戦1試合で公式検査の陰性判定がない選手やスタッフを登録したとして、けん責処分とし、前出の3試合にかかわったマッチコミッショナーへの処分として期限を定めず試合の割り当てを停止した。

関連タグ: