【天皇杯】J1広島が超格下「おこしやす京都」に1―5惨敗の大失態

2021年06月16日 21時59分

J1広島の城福浩監督

 サッカー天皇杯2回戦が16日に行われ、J1広島がホームで関西リーグ1部「おこしやす京都」に歴史的惨敗を喫した。

 広島は前半からリードを許す苦しい展開で、手も足も出ず1―5と完敗。広島から見てお京都は4カテゴリーも下だが、どちらが格上か分からない戦いぶり。天皇杯ではJ1が格下のチームに敗れることは毎年あることだが、明らかに格下の相手にここまで点差が開いた大敗はまさに前代未聞の大失態と言える。

 クラブ史に残る赤っ恥にファンやサポーターは大荒れ。ネット上では「監督解任は避けられないレベルの話でしょ」と城福浩監督(60)の更迭を求める声や「広島、暴動になってないか?」などサポーターの怒りを心配する声まで上がった。

 まさかの大失態で広島を激震が襲いそうだ。

関連タグ: