横浜FCがSNS上の誹謗中傷を確認「法的措置辞さない」

2020年10月11日 20時21分

 J1横浜FCは11日、SNS上でクラブや選手に対する誹謗中傷を伴う投稿を確認したとホームページで発表した。

「横浜FC及び選手にだけではなくJリーグ全体に対して悪意のある行為であり、リーグ統一禁止事項、さらに社会通念に照らし合わせても弁解の余地なく、許されるものではありません」とし「横浜FCでは、弁護士にも相談の上今後の状況によっては法的措置も辞さない考えです」との声明を出した。

 さらに「今後もいかなる差別的・侮辱的な行為や言動、SNS等での発信に対して許すことはありません」とし、ファン・サポーターに向けて「これらの投稿については反応することの無いようお願いします」(原文ママ)とした。すでにSNSのサービス運営会社やJリーグに対し、該当アカウントと発信内容を報告しているという。