サッカーJ2も有観客試合再開 村井満チェアマン「心に響くものがありました」

2020年07月10日 22時27分

村井満チェアマン

 プロ野球同様、サッカーJ2でも観客を入れた試合が再開し、唯一行われた岡山―北九州の一戦はアウェーの北九州が後半の2得点で2―0で勝利を収めた。

 岡山の本拠地・シティライトスタジアムには2294人のサポーターが詰めかけた。鳴り物や声を出しての応援は禁止。サポーターはマスク姿で応援し、選手たちに拍手を送った。座席は左右約1メートル以上の間隔を空けるなど、感染予防対策が徹底された。

 Jリーグの村井満チェアマン(60)は試合後に談話を発表。「制限付きではありますが、雨の中、スタンドでファン・サポーターの皆さまが熱い拍手を送ってくださる様子は、やはり心に響くものがありました。同じ空間でファン・サポーターが見守ってくださることは、選手への大きな後押しになったのではないでしょうか。この週末も、感染予防対策に充分に留意し、引き続き安全な試合運営に努めてまいります」とコメントした。

 11日にはJ1が川崎―柏など2試合、J2が10試合、J3が8試合行われる。