【高校サッカー】静岡学園が8得点で8強入り!3度目の全国制覇でカズからご褒美?前回Vはグアム旅行

2022年01月02日 17時51分

静岡学園OBの三浦知良(東スポWeb)
静岡学園OBの三浦知良(東スポWeb)

 第100回全国高校サッカー選手権は2日、各地で3回戦を行い、13度目の出場となった静岡学園は宮崎日大に8―0で勝利し、8強入りを決めた。前半に6得点をマークすると、後半にも加点し、圧勝した。J1清水入りするFW川谷凪(18)が先制点を含む2得点で勝利に貢献した。

 2回戦では1―0で勝利した近大和歌山を相手にミスを連発したが、この日は攻守ともに圧巻のパフォーマンスを見せた。第98回大会(2019年度)で24大会ぶり2度目となる全国制覇を果たしており、2大会ぶり3度目の優勝に向けて勢いを増した一方、OBでキング・カズこと元日本代表FW三浦知良(54)の〝ご褒美〟も気になるところだ。

 2年前に選手権を優勝したときには、カズのポケットマネーで選手、スタッフを含めて約30人に総額300万超となるグアム旅行をプレゼント。大きな話題となったが、今大会も大量得点で8強入りするなど、優勝候補にふさわしい戦いを披露している。イレブンも全国制覇を実現し〝キング〟からのご褒美を期待しているのは間違いないはずだ。

 そんなカズは55歳で迎える来シーズンに向けて移籍を模索。数々のクラブからオファーを受けて実兄の三浦泰年氏が監督を務めるJFLの鈴鹿ポイントゲッターズ入りが濃厚となっており、母校の結果とともにカズの去就も注目されそうだ。

関連タグ: