【WWE】ロック様が〝歴史的〟ラップデビュー iTunesラップチャートで2位の快挙

2021年10月10日 19時07分

ドウェイン・ジョンソン(ロイター)
ドウェイン・ジョンソン(ロイター)

 米WWEのカリスマ「ザ・ロック」で、ハリウッドスターのドウェイン・ジョンソン(49)が〝歴史的〟なラップデビューを果たし、話題になっている。

 高速ラップで知られるベテランラッパー、テック・ナイン(Tech N9ne=49)が8日にリリースした新アルバム「ASIN9NE」の収録曲「Face Off」に、ジョーイ・クール、キング・イソとともにフィーチャリングアーティストとして参加。併せて公式ミュージックビデオも公開され、ロック様は曲の終盤に筋骨隆々の肉体で登場し、リング上同様のドスの利いた声でラップを披露している。

 大物ラッパーの作品にゲスト参加とはいえ、ロック様にとってはこれがデビュー曲。自身のSNSには「オレ様が歴史的なラップデビューを果たした」とノリノリで投稿した。「Face Off」は反響を呼び、iTunesのヒップホップチャートでリル・ナズ・X、ドレイクといった人気アーティストを抑え、2位にランクインした。

 この快挙にロック様も自身のインスタグラムに2位ランクインの〝証拠画像〟を投稿し「オレたちは本当に感動した。この24時間でオレたちの新しい歌『Face Off』が、iTunesのラップチャートで2位になったんだぜ!! ただ、クレイジーなだけだ」と記して興奮を隠せなかった。

 ロック様は世界最大のプロレス団体WWEを制圧した後、ハリウッドに進出し大成功を収めた。米経済誌フォーブスの「最も稼いだ俳優ランキング」では一昨年、昨年と2年連続1位。映画プロデューサーとしても活躍しているが、その肩書に、新たに「ラッパー」が加わったようだ。

関連タグ:

ピックアップ