【WWE】大量解雇の衝撃 養成機関コーチのカシンも対象に

2020年04月17日 16時35分

無職になったカシンはどこに向かうのか

 いったいどうなってしまうのか。世界最大の団体、米「WWE」は“世界最高のレスラー”カート・アングル(51)をはじめとする選手、スタッフらを解雇したと発表した。現地メディアなどによると数十人規模に及ぶとされ、養成機関「パフォーマンスセンター」でコーチを務める“悪魔仮面”ケンドー・カシンも対象になった。世界のマット界への衝撃は計り知れず、今後は日本への影響もささやかれている。

 WWEは15日(日本時間16日)、公式ホームページ上で解雇を決めた選手20人の名前を公表した。アトランタ五輪レスリングフリー100キロ級金メダリストで、2017年度のWWE殿堂「ホール・オブ・フェイム」入りしたカートを筆頭に、日本でもおなじみの「The OC」のルーク・ギャローズ(36)、カール・アンダーソン(40)らの名前が並んだ。

 また現地メディアの報道ではスタッフも10人前後解雇になったとされ、昨年8月からコーチを務めていたカシンも含まれていた。関係者によると新型コロナウイルスの感染拡大による影響で収益が悪化したことにより、ビンス・マクマホン会長(74)が決断したという。

 カシンの指導力は高く評価されていたため、コーチ陣はキャリアの浅い順から選出されたもようだ。フロリダ州オーランドに居を構える悪魔仮面は本紙に「日本には帰れません。このまま行方不明になります」とコメント。「頃合いを見て、馳浩衆議院議員のところに失業補償を求めにいきたいと思います」と続けた。

 15日には大会自粛が続く新日本プロレスを中心とした日本のプロレス界が馳氏に「簡易検査キットの早期普及」と「年間契約している選手の休業補償」を求める要望書を提出。ちゃっかり便乗することを忘れなかった。

 また先日、コロナ禍に揺れるオーランドの様子を本紙に緊急リポートしたばかりのカシンは「やっぱりこの間の記事が原因だと思います。あれでミスター・マクマホンの逆鱗に触れました」と意味不明の恨み節を付け加えた。

 WWEによる大量解雇の余波は、日本にも及びそうだ。関係者は「これで日本進出も遠のくだろう」と見ている。WWEのブランド「NXT」を仕切る最高執行責任者(COO)のトリプルH(50)は昨年の本紙インタビューで、2020年に「NXTジャパン」を立ち上げる可能性があることを認め、新団体設立に向けて日本の団体とも協力したい意向を示していた。所属の秋山準(50)がゲストコーチ就任要請を受けるなど、水面下で接触していた全日本プロレスとの“提携”が有力視されていたが、一気に後退しそうな雲行きだ。

 また、現状ではWWEの中心選手として活躍する“黒いロックスター”中邑真輔(40)やアスカ(38=華名)、カイリ・セイン(31=宝城カイリ)らは安泰と見られるものの、終息の見えないコロナ禍の広がり次第では他の日本人選手に影響を及ぼす可能性も捨てきれない。「今後は第2弾の大量解雇もあるのでは?」という声もあり、さらなる波紋が広がる可能性もありそうだ。