【WWE】Sareee獲得へ トリプルHが極秘面談

2019年07月04日 16時30分

日本公演の舞台裏でトリプルHはSareee(左)と接触した

 世界最大のプロレス団体、米WWEが女子プロレス「ディアナ」に所属するSareee(23)の獲得調査に乗り出したことが3日、分かった。最高執行責任者(COO)のトリプルH(49)がラブコールを送っており、これを受けてWWEのスカウト陣が動きだした。現在、シングル2冠王として君臨する日本女子プロ界のエース候補が、世界の舞台に挑戦する可能性が出てきた。

 トリプルHは先の日本公演で、約11年ぶりに日本での試合に出場。本紙のインタビューでは「もともとビジネスで来日する予定があった」と話し、リング外での目的があったことを示唆していた。その一つがSareeeの調査だったようだ。

 2011年4月にデビューしたSareeeは今年に入り、目覚ましい活躍を見せている。5月にはアジャ・コング(48)を破り、ディアナのWWWD世界シングル王座を奪取。さらに6月には、センダイガールズのワールド王者だった橋本千紘(27)とのダブル王座戦を制し、シングル2冠に。東京スポーツ新聞社制定プロレス大賞で女子プロ大賞を受賞することを今年の目標として公言する。

 実は日本公演の会場となった両国国技館で、トリプルHはSareeeと極秘面談を果たした。その理由を本紙に「男子にもたくさん候補はいますが、今、日本では特に女子で若くていい選手が多く出てきていると聞いています。その中でも(スカウト陣が)一番注目している女子プロ界の未来がSareee選手だと聞いて両国へ招待しました。イベントの前後でバックステージに来てもらい、会うことができました」と明かす。

 トリプルH側の強い希望で実現しており、さらに「いずれという形ではあるでしょうが、前向きな話が進んでいくんじゃないでしょうか」と今後の見通しを語った。“ザ・ゲーム”の心を一層、つかむ出来事もあった。WWE関係者によると、日本公演終了後、Sareeeは雨の中で傘も差さずに車を見送り、車内から見たトリプルHが「日本のしつけはすごい!」と感動したという。首脳陣の意向を受け、同関係者は「これから本格的な調査を開始します」と明言した。

 近年の女子レスラーではアスカ(37=華名)、カイリ・セイン(30=宝城カイリ)、紫雷イオ(29)が日本マットを旅立ち、WWEに入団した。熱視線を送られた若き至宝の行方に注目だ。