【ノア】中嶋勝彦が鮮やか〝金剛デビュー〟「これから面白くさせてやる」

2020年09月07日 00時00分

中嶋勝彦(右から3人目)を新戦力に加えた拳王(左隣)は不敵な笑みを浮かべた

 ノア6日の静岡・ふじさんめっせ(富士市)大会で、元GHCタッグ王者の中嶋勝彦(32)が「金剛」加入初戦を鮮やかに飾った。

 中嶋は8月30日川崎大会でGHCヘビー級王者・潮崎豪(38)との「AXIZ」でハレンチ王・杉浦貴(50)、IQレスラー・桜庭和志(51)組とのGHCタッグ王座決定戦に臨むも、潮﨑がフロントネックロックで杉浦に絞め落とされてレフェリーストップ負けを喫した。

 試合後にはGHCナショナル王者の拳王(35)率いる「金剛」がリングイン。直後に中嶋が潮﨑に惜別のヴァーティカルスパイクを放ち、まさかの「金剛」入りを果たすも、その理由については多くを語らなかった。この日は潮崎にとって、かつての相棒の「真意」をただす一戦となった。

 中嶋はリングインすると「金剛」のポージングにも加わらず、フードをかぶったままコーナー上に座ってふてぶてしくコールを聞いた。先頭は中嶋と潮崎だ。中嶋がローキックでけん制するとバックの取り合い。中嶋がエルボーを放てば、潮崎はアームロック。ロープに飛ぶと、中嶋はタイミングをすかすように場外へ逃れて拳王と交代した。

 中盤に中嶋は場外で潮﨑の右肩、リングでは背中に重いキックを見舞う。試合は強力な新戦力を加えた「金剛」のペースで進んだ。15分過ぎに中嶋と潮崎が再度対峙。中嶋は上下に蹴り分けて、フライングショルダーキックも蹴りで撃墜する。飛び込んできた谷口と清宮にも強烈な顔面ウオッシュを浴びせた。

 しかし潮崎も意地を見せてマシンガンチョップを連打。ラリアートからブレーンバスターで垂直に落とす。それでも中嶋は2発目のラリアートを蹴りで防いで大ダメージを与える。20分過ぎには潮崎が逆水平5連打を見舞うが、中嶋は倒れない。逆に顔面を蹴り上げてから強烈なバックドロップで投げ捨てた。

 ここで潮崎が鬼の形相でゴーフラッシャー。形勢を立て直すも、中嶋は拳王と、ミドルキックの挟み撃ちで潮﨑を場外に突き落とす。最後は中嶋が谷口の顔面へ危険極まりない蹴り連打を入れた後に必殺のヴァーティカルスパイク。文句のない3カウントを奪い「金剛」としての初戦を完勝で飾った

 中嶋は「潮崎豪、どうしたその顔は。出戻りの潮崎豪よ。そんなお前が『アイ・アム・ノア』?笑っちゃうね。『AXIZ』の絆なんて最初からねえんだよ。お前に壊された分、俺がじっくりとお前を壊してやる:楽しみだな、チャンピオン。しゃべりたいならマイクはここにあるぞ?」と挑発。潮崎は無言で引き揚げた。

 潮崎が引き揚げると中嶋は「見ての通り、俺が金剛の中嶋勝彦だ。これから面白くさせてやるから、金剛から、中嶋勝彦から目を離すなよ」と不敵に言い放つも、試合後も「金剛」のポージングには加わらず、コーナーに座って薄笑いを浮かべた後「刺激があるからここに来た。やっぱり刺激あるよ」と不敵に語った。