【新日本・G1】飯伏 ザックに敗れ2敗目…史上初3連覇に黄信号「次から絶対楽しみますよ」

2021年09月27日 00時00分

試合後、ザックに攻め込まれた腕を気にする飯伏
試合後、ザックに攻め込まれた腕を気にする飯伏

 新日本プロレス26日神戸ワールド記念ホール大会の「G1クライマックス」Aブロック公式戦で、前年度覇者・飯伏幸太(39)がザック・セイバーJr.(34)に2敗目を喫した。

 序盤から腕を徹底的に攻められた飯伏は、腕へのオーバーヘッドキックを浴びながらもジャンピングニーで反撃。ボマイェからのカミゴェはかわされたが、腕ひしぎ十字固めを切り抜けると強烈なバズソーキックをさく裂させた。

 ここを勝負どころと見るやヒザのサポーターを外してカミゴェを狙ったが、待っていたのはザックの関節技地獄だった。飛び付き式の変形オクトパスホールドで捕獲されグラウンドに持ち込まれると、複合関節技クラーキーキャット(バッドバルーンリミックス)で身動きを封じられる。さすがの飯伏もギブアップするしかなかった。

 3戦目にして早くも2敗目を喫し、史上初の大会3連覇に黄信号がともった。誤嚥性肺炎による欠場から4日メットライフドーム大会で復帰を果たしたが、開幕前にはブランクを懸念する声もあった。「クソォ…。やっぱり負けた…。ずっと関係ないって言い続けてきたけど、今回は関係ある、正直」と悔しがった飯伏だが「いや、次。次から絶対楽しみますよ。楽しんだら勝ちにつながる。絶対。これがG1ですね。久々ですね。懐かしい。この感覚、懐かしいよ。いやぁ、これがG1…」とどこか吹っ切れたような言葉を残し逆襲を誓っていた。

関連タグ:
 

ピックアップ