【新日本】棚橋がハイフライフローを解禁

2019年07月06日 16時30分

棚橋は昨年9月の対戦でオカダ(下)を葬ったハイフライフローの解禁を決意

 新日本プロレス真夏の祭典「G1クライマックス」が、6日(日本時間7日)に米テキサス州ダラスでいよいよ開幕。前年度覇者の棚橋弘至(42)は開幕戦でいきなり、IWGPヘビー級王者オカダ・カズチカ(31)との天王山を迎える。大一番へ向けて、約5か月間封印したフィニッシュホールドのハイフライフロー解禁を決意。その裏にはかつての師匠、武藤敬司(56)の“教え”があった。

 G1史上初めて米国で行われる開幕戦最大の注目は、過去3度も東京ドーム大会のメインを張った黄金カード。さらに前年度覇者と現IWGP王者というシチュエーションも加味すれば、優勝の行方を大きく占う大一番となる。

 ただ、故障が相次ぎ、欠場と低迷の今年上半期を送った棚橋の下馬評は決して高くない。強い危機感を抱いて決戦に臨む棚橋は「オカダはリーグ戦の一つと見てるかもしれないけど、僕は米国のオカダ戦で全部測られてしまう。ここでダメだったらダメだろうと見られる。(開幕戦後はG1が再開する13日の大田区大会まで)リカバリーの時間もある。俺は何のリスクもないし、怖いものなしですよ」と玉砕覚悟の“総力戦”を予告だ。

 右ヒザの故障が悪化した2月からハイフライフローを封印してきたが、もちろん手の内を温存して勝てる相手ではない。「解禁します。頼らない戦いを続けてきたので、ハイフライの出しどころだったり広がった部分はある。この半年間を無駄にはしない」と言い切
った。

 その決意にはかつての師、武藤の存在も影響している。同じくヒザの故障に泣かされた武藤は、人工関節置換術と引き換えに代名詞のムーンサルトプレスを永久封印。だが月面水爆とともに歩んだプロレス人生にも後悔はないと明かしており、6月の長州力ラストマッチで鮮やかに復帰した。

 棚橋は「(武藤は)会うたびに手術勧めてきますけどね。僕は武藤さんほどではないので大丈夫。飛んで悔いなしの姿勢を改めて師匠から教わりました。何て俺は弱気なこと言ってるんだ、と。体張ってこそのプロレス。倒れるときは前のめりですよ」と感銘を受けたという。

「手負いの棚橋でどこまでいけるかとか、そういう俯瞰(ふかん)はもういいかな。優勝したい、勝ちたい。ただそれだけで1か月過ごしてみたいと思います」。日本プロレス界を支えてきたエースが、明日なき戦いへ打って出る。