ジャンボ鶴田追善興行へハンセンが緊急メッセージ 宮原とT―Hawkの3冠戦勝者がメイン出場へ

2022年05月17日 17時01分

スタン・ハンセン(東スポWeb)
スタン・ハンセン(東スポWeb)

「ジャンボ鶴田23回忌追善興行」(31日、東京・後楽園ホール)の実行委員会名誉会長を務めるスタン・ハンセン(72)が17日、米国から緊急メッセージを発信した。

 同大会ではメインイベントで宮原健斗、鈴木みのる、秋山準組とジェイク・リー、大森隆男、X組の6人タッグマッチが行われる。だがハンセンは「ジャンボ鶴田と3冠を争った私としては、5月31日の『歴代三冠ヘビー級チャンピオンプレミアム6人タッグマッチ』に現行のチャンピオンに出場してほしい。今度の29日の3冠戦で宮原健斗が勝利をした場合は、予定通り出場。T―Hawkが勝利した場合は、変更を考えなくてはいけない」と談話を発表した。

 これにより全日本プロレス29日後楽園大会で宮原の持つ3冠王座挑戦が決まっているT―Hawkがベルトを奪取した場合は、宮原に代わってメインに出場する方針が決定。T―Hawkは追善興行で鷹木信悟と組んでタッグ戦に出場が決定しているため、同カードも変更を余儀なくされる。宮原が3冠王座を防衛した場合は当初の発表通り宮原がメインに出場する。

 ハンセンは「私は、来日の予定を早め、5月29日全日本プロレスの3冠戦の立会人として、この試合を見届けたいと思う。5月29日、全日本プロレス後楽園ホールに行きたいと思う。ユース!」と同戦の立会人になることを宣言。宮原とT―Hawkの3冠戦は、ベルトとともにメモリアル興行のメイン出場権をかけた戦いとなった。

関連タグ: