【FMW―E】大仁田が女子電流爆破トーナメント覇者を米国遠征帯同へ

2021年11月30日 18時34分

「ラジャ・コーヒー」をアピールする大仁田厚
「ラジャ・コーヒー」をアピールする大仁田厚

 FMW―Eを率いる〝邪道〟大仁田厚(64)が、「女子電流爆破プリンセストーナメント」を勝ち残った2選手に〝ニンジン〟をぶら下げた。

 8選手で争われたトーナメントは、アイスリボンの鈴季すずと藤田あかねが勝ち上がり、年内最終戦「CARNIVAL」(12月19日、神奈川・鶴見青果市場)で決勝が行われる。

 同試合は電流爆破バットが2本使用される完全決着戦で、大仁田は「女子が血を流して頑張っているから、2人には期待したい。鈴季選手も藤田選手もハードコアで生きていけると感じた。今後も女子は欠かせない存在になる」と期待をかけた。

 優勝者には賞金500万円が贈呈される他、大仁田は「俺からも(プロデュースする)コーヒーを用意しようか。あとアメリカに連れていってあげたいなって考えている。向こうのプロモーターに推薦したい」と明かす。

 10月に米国で電流爆破マッチを成功させたことにより、来年3月下旬にはペンシルベニア州フィラデルフィア、テキサス州ダラス、カリフォルニア州ロサンゼルスを転戦することが内定した。そこで爆破の女王に輝いた選手には、米国行きのチケットも〝副賞〟として用意する考えだ。

 コーヒーソムリエとしても順調で、自身が監修する「ラジャ・コーヒー」の、ファミリーマートが展開する「ファミマ!!」首都圏25店舗での販売がスタートした。

 大仁田は「ラオスのコーヒーは本当においしくて、特にジャコウネココーヒーは絶品です。これまではネット販売や試合会場でしか買えなかったけど、これからは『ファミマ!!」でも買えるようになったんで、ぜひ手に取って飲んでみてください。ファイヤー!」とアピールした。

関連タグ: