30日の阪神戦で負傷交代の西武・若林は「左ヒザ前十字靭帯損傷」

2021年05月31日 15時20分

30日の阪神戦で3回の守備中に負傷した若林

 西武は31日、前日30日の阪神戦(メットライフ)で負傷交代した若林楽人外野手(23)の診断結果が「左ヒザ前十字靭帯損傷」であることを発表した。

 今後の治療方針は経過を見ながら決めていくという。

 若林は30日の阪神戦の3回にマルテの中前打を後逸、処理しようとした時に左ヒザをひねりグラウンドに倒れ込んだ。自力で歩くことができず担架でベンチ裏へ運ばれ、そのまま検査のため都内の病院へ向かった。

 昨年のドラフトで4位指名され西武に入団したルーキーはここまで両リーグトップの20盗塁をマークしチームの懸案である1番打者に収まっていた。

関連タグ: