巨人が一発攻勢で楽天・則本攻略! 岡本和13号逆転2ランで打線に着火

2021年05月26日 19時07分

13号2ランを放つ岡本和

 主砲の一発で花火大会開演だ! 巨人の岡本和真内野手(24)が26日の楽天戦(東京ドーム)に「4番・三塁」で先発出場し、4回に逆転の13号2ランを放った。

 1点ビハインドで迎えた4回一死一塁の場面で打席を迎えると、相手先発・則本昂の初球、137キロのフォークを完ぺきに捉え、打球を左翼スタンド上段へ。特大弾で一気に試合をひっくり返すと、後続の打線にも着火した。

 続くスモークが四球で出塁すると、若林が2号2ラン、大城が5号ソロ弾と2者連続弾で更なる追加点を獲得。則本昂もその後に迎えた5回の打席で代打を送られて降板し、4回に計3発、5得点の猛攻で“則本討ち”に成功した。

 岡本和はこの一発が、ヤクルトの村上に並ぶリーグトップ(4回裏終了時点)。勢いに乗る主砲が、さらに快音を響かせる。

関連タグ: