前夜3号のDeNA・戸柱が反撃の適時打「素直にバットが出てくれました」

2020年09月11日 20時44分

代打で適時打を放ったDeNA・戸柱(右)

 中盤で重い扉をこじ開けた。DeNA・戸柱恭孝捕手(30)が11日、中日戦(横浜)で2試合連続打点をマーク。3点を追う6回一死、代打で打席に立つと暴投から二進した走者を左翼線への適時打できっちりと還した。

 5回まで1安打無失点に封じられていた相手先発・柳から何とか1点を奪い返した。「打ったのはチェンジアップです。コースに対して逆らわず素直にバットが出てくれました。チャンスを生かすことができ良かったです」と気合の入った表情で話した。

 先発出場した嶺井に代わり、7回からはマスクを被った。