ミス、ミス、ミス…3失策でヤクルト5連敗 高津監督「しっかり突き詰めなきゃ」

2020年08月29日 22時44分

初回に一ゴロを処理できなかったヤクルト・坂口

 ミスが相次いだ。ヤクルトは29日のDeNA戦(横浜スタジアム)に3―9で敗れて5連敗。投手陣もピリッとしなかったが、失策が響いた。

 まずは初回だ。無死二塁で倉本の打球を一塁・坂口がはじいた。これが絡んで、この回2点を先制された。さらに3―2の5回。無死満塁でソトの打球を今度はエスコバーが捕り損ねた。そのままボールが左翼に転がる間に走者が2人生還。これが契機となり5回だけで5失点。また得点には絡まなかったが、7回の先頭・戸柱の打球を三塁・村上がファンブル。高津監督は「(選手は)エラーしようと思ってやってないので一生懸命やった結果がそういう風になったと思っている」としつつも「ミスするには原因があるし、しっかり突き詰めなきゃいけないでしょうね」と話した。