最下位・中日に〝令和のグラビア女王〟が熱烈エール「いつか始球式やりたい」

2020年07月27日 06時15分

阿部のユニホームを着てエールを送る沢口

 苦悩の与田竜に超強力な〝勝利の女神〟が現れた。中日は26日の阪神戦に3―9で敗れ、両リーグ最速で20敗に到達したが、名古屋出身で大の中日ファンというタレントの沢口愛華(17)は「ドラゴンズには頑張ってほしい。与田監督にチームを勝利に導いてもらいたいです」と逆襲へ向け、熱いエールを送った。

 沢口は名古屋を拠点に活動するアイドルグループ「dela」のメンバー。2018年に「ミスマガジン」のグランプリに輝くとキュートなルックスと、抜群のプロポーションが話題となって一気にグラビア界のトップに躍り出た。8月に予定されているものを含めると、今年だけで30回も雑誌の表紙を飾るというまさに令和最強の「グラビア女王」だ。

 生粋の名古屋人で「うちの父がめちゃくちゃ野球が好きで、わたしも子供のころからナゴヤドームに中日―巨人戦をよく見に行ってました」。特に期待しているのが阿部で「阿部選手ってすごくやさしそうですよね。『マスター(阿部の愛称)、頑張って』っていつも応援しております」と声を弾ませる。

 その阿部はこの日の試合で先制打を含む2安打と活躍。「早い段階で先制点が欲しかった」と気を吐いた。「最近、活躍し始めているのでもっともっと中日に勝利を与えてくれるのではないかと思っています」と沢口は阿部が中日逆襲のキーマンになると見ている。

「名古屋はドラゴンズが勝つと盛り上がりますし、優勝することをずっと願っています。いつかドームで始球式をやりたいですね」。沢口の期待に阿部、そして中日ナインは応えることができるか。