DeNAの新主砲・佐野恵太が今季初打点 「しっかり自分のスイングができた」

2020年06月25日 19時33分

 ハマの新主砲のバットも火を噴いた。DeNA・佐野恵太外野手(25)が25日の中日戦(横浜)に「4番・左翼」で先発出場し、2点リードの3回一死一、三塁から左翼フェンス直撃の適時二塁打。ここまで開幕から全試合スタメンで4番として名を連ね、6戦目で今季初打点をマークした。「しっかり自分のスイングができました。やっとチャンスで打つことができましたので、これからも打てるよう頑張ります」と笑顔を交えながらコメント。

 メジャーリーグへ移籍した前主砲の筒香(レイズ)に代わって4番に座る新主将にはラミレス監督の期待も大きい。

 この回は二死から6番・宮崎にも中越えの2点適時打が飛び出し、チームは5点リード。無失点の好投を続けるプロ初先発のドラフト2位ルーキー・坂本裕哉投手(22=立命大)を強力打線が援護し続けている。