NPB“手探り開幕”でくすぶる火種

2020年05月26日 16時30分

昨年の広島―巨人の開幕戦。今年はファンの声援は届かないが、待ちに待った幕開けだ

 まだまだ“手探りの開幕”ということか。NPB(日本野球機構)と12球団は25日にオンラインで臨時代表者会議を開き、6月19日にセ・パ両リーグが同時開幕すると発表した。新型コロナウイルスの緊急事態宣言が同日に全面解除となり、プロ野球は約3か月遅れで無観客からの幕開けを迎える。しかし未発表のクライマックスシリーズ(CS)に関しては意見が割れ、セは中止でパは短縮開催となる見込み。観客の入場解禁を巡っても球団間の思惑は一致しておらず、火種がくすぶっている。

 ようやく決まった。代表者会議を終え、オンライン会見に臨んだ斉藤コミッショナーは「数度にわたって日程変更を余儀なくされ、選手や関係者、ファンの皆様にご迷惑、ご心配をおかけした。閉塞感に苦しんだ国民の皆様方を勇気づけ、プロ野球以外のスポーツにも開催の指針を示すことができればいい」と語った。史上最も遅い6月19日の両リーグ同時開幕を発表し、公式戦は当初予定されていた各球団143試合を120試合にまで縮小することも正式に決めた。6月2~14日に4カードの練習試合が組まれる予定で、各球団は来るべき船出に備えてギアを上げていく。

 ただ日本シリーズの開幕日については11月21日で固まったものの、CSの開催可否の結論は出なかった。開幕カードを含めた公式戦日程とともに後日発表されることになったとはいえ、両リーグはCS開催に関する足並みが揃っていない模様だ。最終的には日程確保を最優先したいセが中止、パは縮小して実施するとみられている。

 斉藤コミッショナーは「まだ(セ・パの)両方とも決まっていないというのが事実」と強調しながらも「4月3日の代表者会議では『(CS開催が)セ・パで異なる場合もあるかもしれないが、それもやむを得ない』と12球団で合意している。別にセ・パ、NPBの統一にヒビが入ったというわけでもない。私の方から強制的に『CSやるべき、やらざるべきだ』という立場でもないし、セ・パそれぞれのリーグのディシジョン(決定)を尊重せざるを得ないかなと思っている」と発言。両リーグ間で意見の相違が生じていることを示唆した。

 CS開催のみならず“キナくさい火種”は12球団間でくすぶっている。今後最大の火元となりそうなのが、観客の入場解禁を巡る各球団の主張だ。政府や自治体がスポーツイベントの入場制限を段階的に緩和していく流れが予想されることから、各球団は今季中に早ければ夏場から無観客試合の解除を視野に入れているという。

「当然状況の改善に伴ってお客さんを入れていくというのは考えられるが今、その詳細について討議はしていない」(斉藤コミッショナー)というが、すでに球団間では非公式ながら水面下で丁々発止の意見がぶつけ合われているようだ。

「政府の基本的対処方針案に基づいて観客の入場制限が緩和されるのであれば、それに準じてリミットいっぱいまでお客さんを入れていくべきと唱えている球団は多い。一刻も早く収支を回復させたいからだ。だが一部では第2波発生の懸念や、いきなり集客の門戸を開くことで世間からの反発を警戒し『今シーズンは無観客のままでもいいのではないか』との慎重論も出ている。この意見の相違は結構大きい」(球界関係者)

 その他のところでも小さなイザコザが起きている。別の関係者は「緊急事態宣言の発令中、練習自粛をしていた一部の球団から広島にやっかみの声も出ていた。その間もカープは自主練習を認め、広島県が宣言解除となってから3日間ほど県内在住者500人にスタンドを開放。そういうアイデアに『やり過ぎではないのか』と疑問を投げかける“残念な球団”もあったと聞く」。さらに「前回22日の代表者会議で『6・19開幕』を方向性だけでも世に示すべきとした案に『まだ緊急事態宣言が解除になっていない地域もあるんだ!』とブチ切れた一部関係者もいたらしい。ちょっとした揚げ足取りというか“自粛警察”のように何でもかんでも神経をとがらせている球団があるのは残念。球界全体がまとまりを欠くことにもつながりかねない」とも指摘した。

 開幕が決まっても、一波乱あるいはもう二波乱が起きる危険性は残されている。