SBモイネロ「キューバの人たちは日本の開幕を楽しみにしている」

2020年05月09日 13時49分

 ソフトバンクのリバン・モイネロ投手(24)が9日、ペイペイドームでの自主練習後にオンライン取材に対応。母国キューバで「日本野球の早期開幕」が熱望されていることを明かした。

 キューバも新型コロナウイルスの感染状況が日に日に悪化。大切な家族を残し、日本で孤独に暮らす寂しさや不安も口にした。母国では4月以降、国際線旅客機の停止など厳戒態勢が敷かれている状況。故障リハビリ中で3月中旬以降キューバに戻っている同僚のデスパイネ、グラシアルとはテレビ電話などで頻繁にコミュニケーションを取っていることを明かした。

 親族やメディア関係者らと連絡を取り合う中で「日本の野球はいつ開幕するのかと聞かれます。キューバの人たちは日本の開幕を楽しみにしていて、心待ちにしています」と明かした。

 これまで五輪で金メダルを3度獲得するなど野球熱が高いキューバ。とりわけ母国勢が活躍する日本野球への関心は、日本人が想像している以上に高い。モイネロは母国に自らの雄姿を届けるべく、早期のコロナ終息、プロ野球開幕を願った。