ソフトバンク・柳田 城島氏に「打撃教えて」ラブコール

2019年12月20日 19時39分

トークショーを行った柳田と福田

 ソフトバンク・柳田悠岐外野手(31)が20日、SG「第34回グランプリ」が開催されているボートレース住之江のトークショーに出演。レーサーが戦いの準備をしているピットも訪問し、グランプリ連覇を狙う峰竜太(34)を激励した。

「2016年ぐらいからボートレースにはまっている」という柳田は賞金1億円を巡るレースが繰り広げられている現場を訪れて興奮気味。峰と対面すると「かっこいいですね。さすがトップのボートレーサー。オーラがありました」とうれしそうに話した。

 この日のイベントでは今オフ、ロッテにFA移籍することになった福田秀平内野手(30)と共演。来年3月20日の開幕戦で、いきなり対戦する元同僚に対して柳田は「まずはお互いにケガなく開幕の舞台に立てるようにしたい。データはたくさんあるので、秀平シフトを敷いてヒットをアウトにしたい」と不敵な笑みを浮かべた。

 また会長付特別アドバイザー就任が決定した球団OBの城島健司氏(43)には「尊敬するすごい選手。打撃を教えてもらいたい」と、さっそくラブコールを送った。

【関連記事】