新庄氏の現役カムバック宣言が大反響 サプライズ好きの古巣・日本ハムで1試合限定復帰も

2019年11月15日 16時30分

ドームの天井から舞い降りた日本ハム時代の新庄氏(2006年)

 阪神や日本ハムで活躍した新庄剛志氏(47)が突然発表した「現役復帰宣言」に、古巣の日本ハムから気になる発言が飛び出した。

 新庄氏は13日までに、自身のインスタグラムを通じて「今日からトレーニングを始めて、もう一回プロ野球選手になろうと思います」と現役復帰を宣言。応援コメントが殺到したが、14日には再びインスタグラムを更新し「頑張るって言葉をこの世からなくして欲しい」「頑張るは何かの試練に対して乗り越えるんだに聞こえる」「アメリカで唯一好きなのは頑張れの言葉はない」「好きなことに対して挑戦してるんだから頑張ってない楽しんでる好きな事じゃなかったらしなきゃいい」「俺に頑張って下さいはいらない」…。独特な表現に、これまた多くのファンからの反応があった。

 では、古巣の日本ハムではどうか。栗山監督は「俺に聞くなよ! それはファイターズに復帰するの? 新庄剛志さんのことは〇〇さん(広報)に聞いてください」と笑いながらかわしたが、チーム内からは「ウチはサプライズが好きだからね。いきなり戦力として獲得まではないにしても、イベントや非公式試合などで、メジャーのように『1試合限定復帰!』なんてことをしてもおかしくないんじゃない?」と、限定的な古巣復帰の可能性を指摘する声が…。

 当の本人は来年のトライアウトを目標にする意向だが、トレーニングが順調に進めば、トライアウト前にあるいは…。今後の動向から目が離せなくなった。