新庄剛志氏 47歳の現役復帰宣言に賛否

2019年11月14日 16時30分

新庄劇場復活となるか

 阪神や日本ハムで活躍した新庄剛志氏(47)が、突如ブチ上げた「現役復帰宣言」は、古巣球団の阪神にも衝撃を走らせた。

 新庄氏は13日までに自身のインスタグラムを更新し「今日からトレーニングを始めて、もう一回プロ野球選手になろうと思います」と現役復帰の意向を表明。その後もインスタ上にバットを持ってスイングする姿やウエートトレーニングに励むシーンなどを続々と投稿し、球界復帰へ並々ならぬ意欲をアピールしている。

 阪神球団内からの反応は様々だ。選手会長を務める梅野は「いいことだと思います! 新庄さんとは同じ福岡県出身ということもあり、小さい頃からテレビで見てました。マスクをかぶったパフォーマンスや札幌ドームの天井から舞い降りてきたパフォーマンスは衝撃的でしたね。派手なことばかりするイメージでしたが実力も相当あったと思います。プロ野球界にも話題ができていいのでは」と大歓迎の構え。

 現役時代を新庄氏とともにした久慈内野守備走塁コーチは「俺と一緒にやっていたころは『野球が好きじゃない』と毎日言ってたんだけどね」と苦笑しながらも「彼らしい。人生を楽しんでいる。米大リーグに行って、その後は日本ハムへ。したいことをして生きてきた男。ホントに頑張ってよとしか言いようがない」とエールを送った。

 その一方で「引退後ももう少し日本の野球界に関わってたら印象も違ったかもしれないが…。やっぱりアイツは宇宙人。ただ、今回ばかりは地球とは別の惑星に行った方がいいかも」(フロント幹部)。「相変わらず寂しがり屋のかまってちゃん。アイツだけ時間止まってんのとちゃうか。もう令和やぞ」(同球団OB)との声も…。

「野球のセンスがないから引退します」発言、「敬遠球サヨナラ打」などなど、常にサプライズとともにあった新庄氏の野球人生。“新庄劇場第2幕”の行く末に注目が集まるが果たして…。