阪神・矢野監督 中日・根尾を絶賛「持って生まれたスター性」

2019年03月13日 18時34分

空振り三振に倒れた根尾

 阪神・矢野燿大監督(50)が13日、一軍デビューした中日の黄金ルーキー・根尾昂内野手(18=大阪桐蔭)を絶賛した。

 根尾はこの日、一軍に合流し、ナゴヤドームで行われたオープン戦で7回から遊撃の守備につき、8回の注目の初打席は空振り三振に倒れた。

 矢野監督は「やっぱり持って生まれたスター性、雰囲気とか、つくろうとしてもできるものじゃない。皆、根尾の打席まで見ようとしたけど、アウトになったら(ファンは)帰っていった(笑い)。皆に見たい!と思わせるのはプロとして大事なところ。相手やけど楽しみな選手だ」。敵将ながら根尾の魅力を感じた様子だった。