エンゼルス・大谷翔平が2試合連発の8号2ラン 日米通算150本塁打にあと1本

2022年05月16日 05時40分

8号2ランを放ったエンゼルス・大谷(ロイター=USA TODAY Sports)
8号2ランを放ったエンゼルス・大谷(ロイター=USA TODAY Sports)

 エンゼルスの大谷翔平投手(27)は15日(日本時間16日)に敵地オークランドでのアスレチックス戦に「3番・DH」で先発出場し、初回に2試合連続の8号2ランを放ち、日米通算150本塁打に残り1本として王手をかけた。

 日本選手3人目のメジャー通算100号の興奮から一夜明け、特大弾を放った。相手先発は右腕モンタス。2019年と20年に1発ずつ放っており、通算18打数6安打、打率3割3分3厘、7打点と相性は良い。

 カウント2―1からの4球目、やや外角高めの95・9マイル(約154キロ)のシンカーを豪快にフルスイング。角度32度、打球速度108・3マイル(約174キロ)で中堅に高々と打ち上げた白球はそのまま中堅席に飛び込んだ。2試合連発の8号2ランは打球飛距離425フィート(約130メートル)の特大の一発だった。これで日米通算149号。連日のメモリアル弾に期待だ。

関連タグ: