ダルビッシュと聖子夫人の結婚式でハプニング続々「新郎も新婦もスピーチしないし」

2019年01月15日 11時28分

インスタグラムから@chardphoto

 米大リーグ、カブスのダルビッシュ有投手(32)と元レスリング世界王者の聖子夫人(38)が米アリゾナ州セドナで披露宴を行った。夫人が14日、ツイッターで明かした。

 2人は2014年に交際を宣言し、16年に結婚した。

 セドナはパワースポットで知られ、披露宴は奇岩に囲まれたホテルで行われた。夫人の姉で格闘家の山本美憂(44)や元モーグル日本代表の上村愛子氏(39)夫妻らが出席した。

 聖子夫人は「めっちゃ楽しかった 結婚式、パーティー、みんなありがとう」と報告。

「旦那様、長い時間よく頑張りました笑 ご褒美に1カ月ゲームに口出さない約束をしました笑」とダルビッシュに感謝しつつ、夫婦間のほほえましい会話を明かした。

 また、聖子夫人は披露宴でのハプニングも公開。「新婦は披露宴前にハイヒール離脱 もう無理、目の前にある普通の靴にチェンジ。宴もたけなわの前に姉要望でタックル ドレスも急遽ノリがくれたティーシャツに 新郎も新婦もスピーチしないし、寝るの早いからゲスト置いて帰るしw」と次々に仰天エピソードを告白した。

「ヘアメイクの方が絶対崩れないようにって頑張ってくれたけど、タックル入ったら崩れますよねw」と笑いつつも、最高の思い出になった様子。

「あー本当に楽しかった」と結んだ。