J1広島は23日、今季から新本拠地として使用する「エディオンピースウイング広島(Eピース)」内の男性用トイレに落書きがあったとして、広島中央署に被害届を提出したと発表した。

 被害が起きたのは、10日に行われたプレシーズンマッチのG大阪戦。試合後の同日午後10時ころに、落書きを確認したという。その後、施設所有者の広島市と指定管理者のクラブが協議をした結果、23日付でクラブが被害届提出を決めた。

 1日に開業したばかりのスタジアムで起きた悪質な行為。怒りの声も上がっている。ネット上には、G大阪サポーターによるものという臆測もあるが「本当にガンバサポーターがやったのかその落書きを画像化して公開したらどうでしょう?」との意見も出ている。

 もちろんG大阪サポーターの行為と特定されたわけではなく、犯人はどのクラブに関わる者かはわからない。いずれにしても、起きてはいけない案件であることは間違いない。