男子ゴルフの久常涼(21=SBSホールディングス)が、米ツアーメジャー初戦「マスターズ」(4月11日開幕、ジョージア州オーガスタ)に特別招待で初出場することになった。

「マスターズ」主催者は21日に、久常のほかトールビョルン・オルセン(デンマーク)、LIV組のホアキン・ニーマン(チリ)の特別招待を発表。久常は、今週の米ツアー「メキシコオープン」の会場で取材に応じ「出たい大会だったので特別招待していただいて光栄。今からワクワクが止まらない」と喜びを語った。

 久常は昨年に欧州ツアー(DTワールドツアー)「フランス・オープン」で優勝。日本人として初めて同ツアーのルーキー・オブ・ザ・イヤーに選出された。欧州ツアー上位の資格で、今季からは米ツアーに本格参戦し、1月の「アメリカン・エキスプレス」で今季自己最高11位に入った。

 2021年覇者・松山英樹(LEXUS)に続く日本勢の「マスターズ」参戦。久常は、先週の松山の「ジェネシス招待」優勝について「現地で見ることはできなかったけど、後半のバックナインは、松山さんのプレーがすごすぎて、リビエラが簡単そうに見えた。優勝されて僕もうれしかった」と刺激を受けた様子だった。