元プロレスラーのキラー・カーンこと小沢正志さんが29日に死去したことが30日、わかった。76歳だった。

 関係者によると29日の午後9時過ぎに東京・西新宿で経営する「カンちゃんの人情酒場」の接客中に容態が急変し救急搬送されたが、意識が戻らず午後10時4分に亡くなった。死因は「動脈破裂」。最近では「首が痛い。寒い」などと口にしていたという。

 小沢さんは29日に自身のX(旧ツイッター)に「今年のカンちゃんの人情酒場もあと2日! お待ちしております」と笑顔の写真とともにつづり元気な姿を見せていただけに、周囲からは驚きの声が上がっている。

 格闘技関係者は「昨日、お店の近くに行った時に救急車が止まっていたので『どうしたのだろう』と話していた。こんなことになってびっくりしています」と語った。

 小沢さんは大相撲の春日野部屋で力士として活躍した後、1971年にプロレスへ転向。身長195センチ、体重140キロの巨体を生かし、〝蒙古の怪人〟としてWWF(現WWE)や新日本、全日本プロレスで活躍した。大巨人アンドレ・ザ・ジャイアントやハルク・ホーガンと熱戦を繰り広げた小沢さんは引退後、飲食業に転身。新宿区中井の「スナック カンちゃん」を手始めに、場所を再三移転して居酒屋を展開した。今年3月に新店をオープンしたばかりだった。

 昨年3月にS状結腸がんであることを公表。翌月手術を無事に終えたことを自身のユーチューブチャンネルで報告していた。