自民党・石破茂衆議院議員が8日、MBSテレビ「よんチャンTV」にリモート出演。岸田文雄首相の自民党〝裏金〟問題を受けての対応に疑問符をつけた。

 岸田首相は自民党最大派閥の安倍派などによる政治資金パーティーをめぐる問題を受け、自身が率いる「岸田派」を離脱すると表明。また、党の幹部らに対し派閥パーティー開催を当面自粛するよう要請した。

 この対応について石破氏は「パーティーがだめだなんて誰も言ってない。誰が出して、それがどこに行ったかということを明らかにしてくれって言ってるのであって、パーティー自粛って、パーティーそのものがだめみたいに人々は思うじゃないですか」とぶ然。

 続けて「そうすると当選回数が若くて資金がない人たちは、今まで派閥でパーティーやってそこからお金を支援してもらえると思ったのに、『どうやら来ないらしいぞ』、『どうすればいいの』って話になる」と憂慮した。

 その上で「パーティーがだめなんじゃない。(資金の)『出』『入り』を明確にしてねと世の中は言ってってるのに、パーティー自粛って何だいこれ?と。忘年会、新年会…何でやめるのかよく分からない」と困惑を隠さなかった。