元テレビ朝日社員の玉川徹氏が8日、「モーニングショー」(テレビ朝日系)に出演。自民党安倍派の政治資金パーティーで、松野博一官房長官に持ち上がった1000万円以上の裏金キックバック報道について、立件のハードルの高さを指摘した。

 一部報道によれば松野氏は直近5年間で、所属する安倍派の政治資金パーティーで集めた金から1000万円以上を裏金としてキックバックを受け、政治資金収支報告書に記載していない疑いが持ち上がっている。

 東京地検特捜部がベテラン検事を投入し、全国からも応援検事を集めて捜査を進めるなか、松野氏は連日の官房長官定例会見で「政府の立場としては答えを控える」と繰り返して説明を拒否し続けている。

 これに玉川氏は「ほかの(疑惑をかけられた)大臣は否定しているけど、ずっと松野長官は政府の立場でと逃げてる。何かやましいことしているのかと思われかねない。官房長官としてこの話が出てくるのは相当問題が大きい」とコメントした。

 その上で立件の可能性については「ただ、取材していると立件できるかはいろいろなハードルがあるみたいで、お金が松野長官本人に現金で渡っているか、政治団体に振り込まれているのかで話が違ってくる」と指摘。さらに「本人に現金で渡ってると立件が難しいんじゃないかという話があるし、政治団体に振り込まれていたとしても、秘書が会計責任者だったら松野長官と話し合いがあったかどうかがポイント。秘書がやったんでって話になりかねない」として、松野氏が秘書に責任を押し付けて立件を免れる可能性もあるとした。

 8日朝、記者団から松野氏の裏金報道について聞かれた岸田文雄首相は、「今後、国会等において答弁をお答えしたいと思います」とコメント。自身が会長を務める岸田派も政治資金パーティーの収入不記載が問題になり、岸田首相は派閥から離脱する意向を示したが、政権中枢に大きな激震が走っている。