自民党・石破茂衆議院議員が8日、MBSテレビ「よんチャンTV」にリモート出演。政治資金パーティーを利用した自民党の裏金疑惑についてコメントした。

 裏金疑惑を巡っては、松野博一官房長官が1000万円超のキックバックを受けたとの疑惑が浮上。松野氏は参院予算委員会で、自らの政治資金について「適正に処理してきたと考えている」と答弁し、キックバックに関する確認は避けている。

 この対応について感想を求められた石破氏は「私、松野さんって人を良く知ってるわけじゃないんですけど、すごく誠実な人ですよ」としたうえで「その松野さんがああいう答弁しかできないのは、何があるんだろうな?って思いました。他の閣僚の人はもうちょっと明確に答えていたように思う。松野さんだけがえらく歯切れが悪いってうか、明確に答えなかったのは、この人何があるんだろうって。誠実な人だと思ってるだけに違和感がありました。本人だけの問題じゃなくて、誰かに波及することを心配しているのか何なのか、そこが全然分からない」と首を傾げた。

 また「歴代安倍派の事務総長の対応はどう見るか?」と質問されると、「事務総長が全部事細かに知っているかというと、それは難しい所があると思う。まして安倍派なんて100人に近いものすごい数がいる。事務総長たって国会議員ですから、それぞれ国会議員の仕事もしてれば、政府の仕事もしてる。選挙区にも帰ったりしてるわけです。事務総長が全部パーフェクトに知ってるかというと、それは派閥によって違うが、事細かにすべてディティールまで知ってるかどうか? 私はそこは分からない。知っていないことがあってもあまり不自然じゃないと思う」と述べた。

 さらにパーティー券にまつわるキックバックは実態としてあったのか?と直撃されると、「まああるんでしょう。ただ安倍派の中身知ってるわけじゃないんで、断定はできないです」と返答。

 続けて「『ノルマ』とか『キックバック』とか『裏金』とかいうとすごいネガティブな響きがあるが、派閥としてみんなが資金を潤沢に持ってるわけじゃないんで、『1年間回すためにいくらの資金がいるだろうか?』というのを計算して、例えば最高幹部は1000万とか、当選したばっかりの人は全部で100万円でいいよとか、そういうふうに配分するわけです。目標額を。そのこと自体は当然あるのであって。で、目標より多く売るという人は当然いますよ。その人に対しては『ありがとう』って報奨金みたいな、そういうものがいくのはそんなに不自然なことじゃない」と説明した。

 その上で「収支報告書にきちんと載せて、派閥にこれだけ入った、余計に売れたから〇〇さんの資金管理団体に入れます、という『出』と『入り』がはっきりしてればそれでいいだけの話。要はパーティー券をたくさん買った人の言うことを聞くような政治をしてませんよね?ということと、誰がお金を出してますか?ってことがはっきりしてる。それが政治活動費に使われてるって事さえはっきりしてれば、何もパーティーって違法なことをやってるわけじゃない」と訴えた。