鳩山由紀夫元首相が29日、「X」(旧ツイッター)を更新。2024年の米大統領選に言及した。

 鳩山氏は「沖縄を始め海外の米軍基地の撤退を主張しているロバート・ケネディJr.が大統領選に無党派で出馬し健闘している」と紹介。続けて、「米大学の調査で、好意的―非好意的の数字はケネディ25%、トランプ7%、バイデン3%でケネディが最も好かれているのだ。ケネディが勝利して日本から米軍基地がなくなることを期待する」とした。

 鳩山氏は首相時代に沖縄・普天間飛行場の移設先について「最低でも県外」と発言。大きな批判を受けることとなり、首相辞任の一因ともなっていた。それだけに米軍基地の問題に思い入れがあるようだ。

 この書き込みには「鳩山さんが最初に始めた事なんだから責任持って最後までやり通して」「日本から米軍基地がなくなるのはちょっと怖い」と賛否が寄せられている。