タイガースは28日(日本時間29日)に球団公式インスタグラムでツインズからFAになった前田健太投手(35)と2年契約で合意したと発表した。

「右腕の前田健太と2年2400万ドル(約35億4000万円)で合意した。前田は2024年に1400万ドル(約20億7000万円)、2025年に1000万ドル(約14億7000万円)を手にする」

 タイガースは昨季78勝84敗でア・リーグ中地区2位。13勝を挙げてチームの勝ち頭だった左腕エデュアルド・ロドリゲス(30)はオプトアウトしてFAとなり、退団が決定的。来季の先発ローテーションは7勝の左腕タリク・スクバル(27)をはじめ、20代ばかりで大化けする可能性もあるが、未知数だ。球団公式サイトは「前田の成功と経験はタイガースに新たなチャンスをもたらす可能性がある」と期待を寄せている。

 前田はポスティングシステムを利用して2016年に広島からドジャースに移籍し、20年にトレードでツインズに加入した。21年に受けた右ヒジの靱帯再建手術から復帰した今季は21試合に登板し、6勝8敗、防御率4・23。メジャー8年で通算65勝49敗、防御率3・92。