フィギュアスケート男子でグランプリ(GP)シリーズ第6戦NHK杯(大阪・東和薬品ラクタブドーム)で2位に入った男子の宇野昌磨(25=トヨタ自動車)が進退について言及した。

 25日のフリーでは4回転ループ、4回転フリップ、3回転半ジャンプ(トリプルアクセル)などを着氷。186・35点を記録し、合計286・55点で2位に入り、GPファイナル(12月、中国・北京)進出が決まった。演技後には「自分が考えてやってきた練習を試合という場で体現できた」と手応えを口にした。

優勝した鍵山優真と抱き合う宇野昌磨
優勝した鍵山優真と抱き合う宇野昌磨

 その一方で、4本の4回転ジャンプ全てに「q」(4分の1回転不足)の判定がついた。宇野は「きっちり降りるジャンプを飛ばなければ、毎回回転不足をとられてしまう。今からジャンプを改善することは難しい。競技から退くということも全然あるなと思う試合だった」と本音を吐露。その上で「(採点は)人が付けるので、文句を言いたくもない。本当に僕は力及ばずというところなんだろうなと。限界というのを感じた」と付け加えた。

 最後には「次の試合に向けて、自分が頑張れるのか頑張れないのかはわからないが、ジャンプを改善するのではなく、プログラムの完成度として、次の試合に向けても頑張れたら」とコメント。どのような決断を下すのだろうか。