〝イチロー節〟がさく裂した。マリナーズ会長付特別補佐兼インストラクターのイチロー氏(50)が21日に「高校野球女子選抜」とのエキシビションマッチ(東京ドーム)に「イチロー選抜KOBE CHIBEN」の先発投手として登板。9回5安打の好投で完封勝利を挙げると、打っては4打数2安打と大活躍だった。

見逃し三振後に思わずマウンドに鋭い視線を送ってしまったイチロー氏
見逃し三振後に思わずマウンドに鋭い視線を送ってしまったイチロー氏

 足がつってもマウンドは譲らなかった。初回こそ変化球を織り交ぜた投球で三者凡退としたが、以降は3つのイニングで三塁まで走者を進められたイチロー氏。それでも最速138キロの直球を武器に相手打線を封じ込み得点は許さず、同企画では3年連続となる完投を果たした。

 打っては3年目にして初安打、さらにはマルチ安打まで記録。イチロー氏も「僕ね、プロでそこそこ安打打ってきたんですよ。(前年までは)悔しくて悔しくて。(安打が出て)めちゃくちゃうれしいです」と喜びを爆発させた。

 ただ、7回には堂前投手(岡山学芸館)を前に三球三振。これには「クレメンスよりも打ちづらかったです」とレジェンドの名前を例に出して脱帽したが、きょとんとした表情の若人を見て「(クレメンスが)分からない? 分からないよなあ。いい投手です」とジェネレーションギャップに苦笑いを浮かべていた。

イチロー氏は先発で登板
イチロー氏は先発で登板