プロ野球の最強を決める日本シリーズがいよいよ28日から開幕する。2年連続の日本一がかかるオリックスはリーグ3連覇を果たし、CSファイナルステージを4勝1敗で突破。一方、18年ぶりのリーグ優勝を飾った阪神はCSファイナルを無傷の4勝0敗で勝ち上がってきた。実に59年ぶりとなる「関西ダービー」を制するのはどちらか。

【日本シリーズ予想:伊原春樹氏=阪神4勝2敗】ペナントレース、CSの戦い方を見ると阪神・岡田監督のほうがちょっと分があるかな。岡田監督は奇策とかを使わず、ここでは必ずバントとか、オーソドックスな野球をきちっとやっている。

 中嶋監督もうまくやっているとは思うけど、選手に助けられたという感がある。特にしっかりとした投手陣に支えられ、僅差の中で野手がいい場面でポコポコと打って勝ってきた印象だ。

 投手に助けられ、ラッキーパンチを待っているだけのオリックスのシーズン盗塁数はリーグ最低の52。逆に阪神はセ・リーグトップの79で「1番・近本」「2番・中野」が出塁して足を使って得点するというパターンが出来上がっているが、オリックスにはそれができない。それに阪神は佐藤輝が打てばベンチや球場のムードが一気に良くなる。甲子園だったらなおさらで、総合的に阪神の方が上だろう。