古巣マット参戦の真意とは――。米AEWに所属するケニー・オメガ(39)が来年1月4日の新日本プロレス・東京ドーム大会に参戦し、IWGP・USヘビー級王者ウィル・オスプレイ(29)に挑戦する。4年前に自身が去った後、トップ外国人レスラーとなったオスプレイには、さまざまな感情を抱いている。

 ケニーは2019年の1・4東京ドームを最後に新日本を退団し、AEWの旗揚げに参加。より世界的知名度を高め、4年ぶりの古巣マット参戦を果たす。

「俺がいなくなってから、誰もしっかり新日本を引っ張ることができていない。みんな失敗している。スーパースターはこうであるべき、というお手本になるのが俺の責任。レッスルキングダムでお客さんがより楽しめるために、自分が出て盛り上げる必要があるのかなと思ったんだ」と参戦に至った心境を明かした。

 本来であれば、オスプレイは自身の〝後継者〟となるべき存在だった。しかし、ケニーの評価は手厳しい。「『後は任せたぞ』ということはジェイ・ホワイトにも言った。彼は自分のやり方で成功したよね。でも、ウィルに関しては安っぽいことをしているなと感じた」

 ケニーの必殺技である片翼の天使を使用するなど、挑発的な行為をしてきたオスプレイを「イラっときてるよ、もちろん。必死に自分の方が上だと見せたいんだろうけど、本来なら彼は新日本を引っ張る存在でなければならないはずなんだ」と斬り捨てる。

 また、「22年度プロレス大賞」でオスプレイは、8月18日のオカダ・カズチカとのG1クライマックス決勝戦(日本武道館)が年間最高試合賞に選出された。だが、同賞を3度受賞し、そのうち2回がオカダとの試合だったケニーは「俺が取ったベストバウトと、その試合を比べてみなよ。確かに技術的には素晴らしいものを見せていると思う。そして俺という存在がいないから、それがさも最高のものに見えるだろうね。でも、ファンたちにどの試合が心に残っているか聞いてみたらいい。オスプレイの試合なんて記憶に残っているかな?」と主張する。

「新しいファンにはオスプレイが最高のレスラーに見えるかもしれない。その夢を砕くのは申し訳ないけど、先に手を出したのは彼だからね。本当のメジャーリーガーっていうのはどういうものかを見せる必要がある」

 ベルト奪取後のことも考えている。「プロレス界が必要とする形で、何でもやっていく。新日本には俺が必要だと感じている。ベルトを持ち帰って米国でしか試合をしないなんてつもりはないよ」。世界中のプロレスファンが注目する大一番まで待ったなしだ。